SGって?

SGってどんなとこ?

SGってどんなとこ?

 

ストーリーガーデン(SG)は、全国のおうち英語を楽しむ親子の「あったらいいな」をカタチにしたところ。

 

テーマは大きく4つ。

1、仲間とつながる(オンラインコミュニティ)

2、洋書を楽しむ(洋書貸出)

3、相談する(おうち英語コンサル)

4、大人もがんばる(英語自主勉グループ)

 

そして、

育児に仕事に忙しくても
世界のどこにすんでいても

好きな時間に
好きな場所から
好きなだけ
スマホ一つで

気軽に参加できる、様々なサービス・コンテンツ・企画を会員向けに提供しています。

おうち英語をテーマにしたオンラインコミュニティ(オンラインサロン)がメイン。

オンライン上でパパやママのための様々な企画をしたり、おうち英語の相談にのったり、洋書の郵送貸出などをしています。

また、京都に実店舗として小さな洋書図書館を運営していて、会員さんが実際に遊びに来る事もできますし、キッズレッスンやイベント等(非会員も参加可能なものもあります。)もしています。

 

いろいろなコンテンツから好きなものを好きなだけ楽しんでくださいね。

 

SGは、「親子で楽しくレッスンしますよ」「おうち英語のやり方を教えますよ」のような表面的な事だけを目的とはしていません。

SGは、「おうち英語」や「英語育児」に興味のある親子が集まれるところでもあり、育児にがんばるパパやママの心のよりどころ。

デジタルで、人間関係が希薄になりがちな現代だからこそ、人とのつながりを大事にし、それぞれの個性を大事にし、親も子も、1人ひとりに寄り添います。

 

歌って踊って、簡単英語フレーズで語り掛け。

残念ながら、それが通用するのは、せいぜい幼稚園児までです。

いつまでも親が英語で話しかけることを喜ぶでしょうか?

いつまでも手遊び歌を一緒にしてくれるでしょうか?

 

おうち英語したい!

でも

  • とにかく、何をどうしていいかわからない親子。
  • あふれる情報の中で、どれが自分たち親子に合うものなのかピンとこない親子。
  • おうち英語で迷子になってしまっている親子。

そんな親子のためにSGは存在します。

思春期まで長く続くそれぞれのおうち英語と育児。

それぞれに合わせて、多角的に、丁寧にフォロー&サポートすることによって、みなさんの毎日の「おうち英語」ライフと親子の笑顔にSGは寄り添います。

SGで できること

SGは全国の親子が繋がって楽しめるオンラインサロンが主です。

普通の英語教室などとは異なり、「おうち英語」を軸にしているため、同じような意識の親子が安心して集まれるように、会員制にしています。

会員に限らず非会員の方でも参加できるレッスンやイベントももちろんあります。

是非ご参加ください。

など。

詳しくはこちら

SG会員ならできること

SGは、いろいろなサービスがあり、それぞれの会員さんが自由に活用しています。ぜひ、みなさんも自分なりの関わり方を見つけて楽しんでくださいね~!SGの会員さん向けのサービスはおおまかにこの4つ!その他にもいろんなサービスが[…]

SG会員ならできること

こんな私たちが運営しています

運営者:マティアス・谷本 リサ

リサ

注)かなり美化×かわいさ加工されています。

アメリカ在住中で出会ったメキシカンのダンナと、3人のハーフの子どもたちと京都で暮らしています。

● 国際結婚

● ハーフのバイリンガル育児中

● プリ&インター&海外生活の経験あり

● 親が英語を話せる

そんな恵まれたように思える環境でも、決して、勝手に子どもが英語を話せるようになるわけではないことを以前はヒシヒシと実感していました。

そんな時に「おうち英語」を実践する「ばや館長」達に出会い、「おうち英語」の凄さと、可能性に衝撃を受けた私。

たくさんの人に「おうち英語」のすばらしさを知ってほしい!

そして、どんな親子でも「おうち英語」を楽しめるようにしたい!

「おうち英語」をたくさんの人と一緒に楽しむために、「こんなのあったらいいな~」。

でも、日本全国、そんなところ、どこを探してもないっ!!!

じゃぁ、「ないなら作れ!!」

ということで、SGを作りました。

【家族紹介】

● 長女リリ(高2)・・・本とK-POPが大好きなJK。優しく、しっかりもので、母親よりも母親らしく家事と育児をこなしてくれる。

● 長男ジョージ(中2)・・・発達障害グレーゾーンで支援級在籍。お勉強もスポーツも苦手だけど、お絵かきと段ボール工作が大好き!思考回路とセリフがおもろい個性派キャラ。

● 次女ジャスミン(小2)・・・典型的末っ子、ちゃっかり、しっかりさん。でも、愛嬌たっぷり、チョケりで家族に笑いを提供。

● ダンナ(40オーバー)・・・メキシカンなのに、韓国料理をこよなく愛し、京都のアツい夏でもエネルギー全開。愛しのチャリンコでどこへでも疾走。

そんな私の日常のネタと、頭の中を綴ったブログはコチラ

おうち英語、マティアス家のカタチ

館長:ばやちゃん

ばやちゃん

注)かなり美化×かわいさ加工されています。

3人の子どもたちとともに、DWE(ディズニー英語システム)の正規ユーザー歴、なんと16年!

  • 親は英語ができない典型的日本人家庭
  • 経済的にインター・留学はムリ
  • ダンナさんがおうち英語に【超絶】反対
  • 義理の両親と同居

という過酷な環境でも、「おうち英語」はできる!を実証する貴重な人物。

「おうち英語」の知識はハンパないのに、誰でもすぐに親近感満載の癒しキャラ。

狙っていないようで、鋭い質問をしたり、独り言のようで、ものすごく大事なエッセンスが詰まったことをポロっと言ってくれる、SGに欠かせないヒト。

郵送オプションを担当し、「ばや館長」ならではのセレクトが大人気。

ただ、マルチタスクがとても苦手なので、たくさんの事が降りかかると、すぐにテンパってしまう。

でも、常に「大丈夫やで~♪」と優しく背中を押してくれつつ、とめどなくあふれ出てくる面白エピソードに「癒される」会員さん続出中!

ばや館長のほっこりつぶやきブログ、【ばやブロ】は週1ペースで連載中。

SGの理念・想い

SGは、ただ「おうち英語」のノウハウを教えたり、子どもの英語ができるようにという部分だけを目的にしたものではありません。

だから、「SGに来れば、子どもはバイリンガルに!」などとは書きません。

「おうち英語」をする前に、「育児」をしている事、そして、「人として大事な事」を忘れてはならない。

外はそれとな~く、中はアツく。

SGは「英語」も大事だけど、親も子どもも「人」が一番大事。

それだけは譲れないので、会員さん同士も人としてのモラルをもって関わる事が大前提です。

その上で、親も子どもも、みんなが心から笑顔になれる毎日を送ることができるように「おうち英語」に取り組むめるようにSGを通じてサポートしたい。

楽しい事も、つらい事も、みんなでシェアしたり、励ましあったり、刺激を受けあったりできる仲間がいるところであり、ここなら安心できる、いつでも相談できる人がいるという心のよりどころでありたい。

そして、全ての会員さんに、平等に。

それが、SGの一番の想いであり、すべてのサービスの根底にある理念です。