0か100か

我が家のワンダーボーイ、中2のジョージ。

支援学級でまったり成長中。

 

リサ
リサ
こんにちは~。
「#おうち英語ならSG」のリサです^^

 

だれでもみんな「ここはなぜか譲れない」というこだわりはあると思います。

 

例えば、ダンナのこだわり。

「タバスコは意地でもレストランに置かない。」

 

 

いや、辛いもの好きな人は、タコスにタバスコかけたいんじゃないの??

一応置いたらどう??

 

と軽く言ったら

 

アントニオ

ぼくの手作りサルサ・ピカンテ(ハバネロ入り)があるだろう!!

タバスコなんか置けるかぁああああ!!!!

 

そこまでタバスコいやがらなくても。

理解できん。

 

 

中2のジョージも、私には理解できない「こだわりポイント」がたくさんある。

 

 

とある日の、3時のスナックタイムのこと。

 

 

ジョージのこよなく愛する「コアラのマーチ」が一袋残っていました。

 

 

ジョージ
わーい、ぼくはなぁ、コアラのマーチが大好きなのよぉ〜♡

 

そこへ次女ジャスミン登場。

 

ジャスミン

えー!

今日は私もコアラのマーチ食べたい!!!

 

 

おっと、これは確実にケンカ勃発の予感…

 

 

なんでよー!ぼくはコアラのマーチが大好きなのにぃ!

 

だって私もそれ食べたいもん!他のはいや!

 

 

下の子って、なんで上の子が持ってるものを欲しがるんでしょうね~。

普段、それに見向きもしないくせに。

 

 

へぇえええ!?

ぼくはなコアラのマーチを食べたいのよぉ〜!

それがぼくの夢だったのよぉ〜!

 

相変わらず大袈裟なオトコだ。

 

 

私も食べたいもん!!

今日は絶対コアラのマーチを食べたいもん!

ジョージばっかりコアラのマーチ食べてずるいー!

 

ってか、あなたコアラのマーチ普段一切食べないでしょ。

 

 

ま、とにかく、一袋のコアラのマーチを巡って言い合いが続き…

 

 

 

リサ
リサ
じゃあさー、半分ずつ食べたらどう??

 

と、提案してみた。

 

 

ジョージ
もうな、そんなことではな、ダメなのよぉ!もうぼくは食べません

 

 

え、なんで食べないの。

半分だけでも食べれば??

 

 

ちょっとな、半分はな、ダメです!

 

あ…そうですか…

 

 

ジャスミン
じゃ、私が全部食べる〜♡

 

 

結局、コアラのマーチはすべてジャスミンの胃袋へ。

 

その、0か100しかダメっていうこだわり、ものすごく損な気がする(笑)

 

でも、本人の中では50を取るなんて選択肢はないんでしょうね。

 

0か100かみたいなこだわりは、子ども3人のうちジョージだけ。

 

やっぱり、育て方なんかよりも、子どもそれぞれの生まれ持った性格なんでしょうね〜。

 

おもしろいなー。

 

記事が気に入ったらフォローしてね^^

 ●長男ジョージの最新記事8件