ラズキッズ、ゆるく取り組む

一応、次女がラズキッズやってます。

 
リサ
リサ

こんにちは~。
「#おうち英語ならSG」のリサです^^
 
でもね~、毎日読ませる(?)とか、とてもじゃないけどムリ。

 
そもそも「読みを進めたい」というモチベが私にそこまでない。

それに、ラズも他の事も、「がんばってやる=期待する」になってしまう。

 
 
なので、必要以上に育児にがんばろうという気力がないダメ母です。

 
 
ラズ、毎日〇冊取り組んでます!

っていう親子もたくさんいると思います。

単純にすごいな~と思う。

できたら読みも進んでいいんだろうな~と思う。

 
SNSで見える、いや、見せている人たちは、「デキている」人たち。

そうわかってるから、全て一線を引いて見るクセがついている。

 
だから、焦ったりすることはない。

けれど、逆に刺激も受けない・・・。

 
 
私は自分だけで取り組んでいたら、ラズは100%フェイドアウトしていたと断言できる。

 
 
でも!!

ちゃんと、たまーにラズに取り組めています!

こんな私なのに(笑)

 
 
これは、奇跡的にすごい。

 
 
その理由は、なんといってもラズグループの存在のお陰だと思う。

 
SNS上の知らない人じゃなくて、リアルに知っている人が、取り組んでいる姿。

 
ちょこっとした会話や、ちょこっとした報告。

 
私にとっては、そのゆる~い横のつながりが、プッシュされすぎず、小さなモチベが重なるのにちょうどよかったな。

 
教材自体は同じものでも、親子に合う使い方や、取り組む姿勢は違うもの。

 
「毎日〇冊読みましょう!!オーー!!」なんてグループだったら、私はドン引きで手を引いていたはず。

でも、そういう雰囲気なら頑張れるって人もいるはず。

 
自分と子どもに合ったやり方でやるのが一番大事。

このまま、まったりラズ取り組みたいと思います♪
記事が気に入ったらフォローしてね^^