洋書絵本だけでペラペラになった子

 
随分前の話なんですが、英語教室などをされている先生の某ワークショップに参加した時の事。

 
リサ
リサ

こんにちは~。
「#おう英語ならSG」のリサです^^
 
その英語の先生のお子さんはバイリンガルなんだそうです。

 
 
「どうやってお子さんがバイリンガルになったんですか?」という質問に対して

 
 
「毎日15分、子どもを自分のひざに乗せて英語で絵本を読んで英語で会話すればバイリンガルになれますよ!」

 
と教えていただきました。

 
そうなのか!!

 
ってことは…

 
英語教室も、教材もいらんな??

 
 
んー、そのアドバイス?を鵜呑みにするママがいたらビミョーだなぁ…と思いつつ某ワークショップを後にしたのですが。

 
「1日15分、洋書読み聞かせと会話する」

 
 
いや〜、英語で15分子どもと会話するってさ…

 
たぶん、大多数のママにはかなり辛いですよね。

 
そりゃ英語の先生にしたら、たったの1日15分なんでしょうけども…

 
 
それに、子どもが複数いたら、1人の子をゆっくりひざの上に座らせてあげるなんて、至難の技なんですけどー!

 
しかも毎日! 15分も!

 
バイリンガル、ムリだな。

 
 
英語の絵本を日本語の本のように楽しむのは大賛成。

 
でも、ほぼそれだけでバイリンガルになるよ、みたいな言い方や伝え方はどうなのかなーと正直思う。

 
 
 
朝にバナナを食べるだけでみるみる痩せる!

 
このサプリを飲むだけで脂肪がガンガン燃焼!

 
 
みたいに、「〇〇だけで痩せる!!」というのが全て魅力的に見えても結局どれもイマイチなのはみなさん経験済みなのでは?

 
結局、本当に健康的に痩せた人は、サプリも飲んだかもしれないけど、生活習慣や食事改善もしたはずです。

 
 
おうち英語も一緒。

 
洋書絵本の読み聞かせをしてバイリンガルになったかもしれない。

 
でも、本当に英語力がついている子というのは、確実に絵本だけではありません。

 
 
見えないところ、もしくは親が取り組んでいるとも自覚していないところでたくさん何かしらやっています。

 
 
 
なので、「うちは〇〇くらいしかやってないんですぅ」というのを、あまり真にうけない方がいいんじゃないかなぁと思います^ ^
記事が気に入ったらフォローしてね^^