またガッカリ

 
ずいぶん前に、同じような「ガッカリ」があったんですよね。

▶裏の顔がある人と、金太郎飴(過去ブログ記事に飛びます)

 
リサ
リサ

こんにちは~。
「#おうち英語ならSG」のリサです^^
 
そして最近も。

 
衝撃の事実だった。

いやー、あの人が、まさかそういう事を、裏でしたり言ったりしてたとはね~。

 
直接話すこともあるし、すんごいよさげな人だと思ってたから、ガッカリ度ハンパない。

でも、勝手に「よさげな人」と期待して、勝手に「ガッカリ」してる自分もどうかと思う。

 
 
別にその人が悪いとかではなくて、その人は、何かをおもってそういう言動をしてるわけですしね。

きっと、いろいろな想いやいろいろな理由があるんでしょう。

 
ただ、私はそういうのしたくないな~と思うから、しないでおこうというだけ。

 
いくら子どもが英語がすごくできても、親がそういう事やってたらさ。

 
 
事情をしらない人たちからの評価はぐーーーんと上がるかもしれない。

 
親は「素晴らしいサポート」をしてるってね。

 
だけど、私にとっては、そういう親の言動って、自分の子どもを一番裏切ってる事になる気がする。

 
だから、そういう、自分がガッカリするような言動はしたくないなと思う。

(できているかどうかは、わからないけれど)

 
 
私の生活は「おうち英語」関連が多いけれど

英語の前に、私は、人としてどうあるべきなのか、どうありたいのか。

を常に考えていて。

 
 
でも、「あるべき姿」というのは人によって違うよな~と思う。

それに、例えば「理想のママ像」みたいな「あるべき姿」にとらわれ過ぎては本末転倒だとも思う。

 
「ありのまま」っていいよな~と思う。

だけど、全員が全て「ありのまま」では、うまく回らないこともあるんじゃないかなとも思う。

 
 
・・・・といいつつ、私は基本的に単純なので、あれこれむずかしく考えても疲れる(笑)

 
 
だから単純に

 
「おー、そういうのいいな!」と思った事は、出来る範囲で(←これ大事)参考にする。

 
「えー、私にはそれビミョー!」と思った事は、しないようにする。

 
「めっちゃいいな!」と思って、がんばりたい!と思う事はがんばる。

 
でも、がんばる事がしんどくなるレベルの事はスッパリ諦める。

 
 
自分にガッカリしないような自分になりたいな~。
記事が気に入ったらフォローしてね^^

 ●リサの頭の中の最新記事8件