人の子を見て焦ってしまうとき

「そんな話を聞くと焦るーー」

「こういう投稿を読むと焦る~」

 
そこら中にあふれる、親を焦らせるネタの数々。

 
カシコくて、デキた、よその子の話題。

ペラッペラ英語をしゃべる、よその子の動画。

キラキラと笑顔で知育にデコ弁に理想の子育てをするママの投稿。

 
リサ
リサ

こんにちは~。
「#おうち英語ならSG」のリサです^^
 
あの子はもうあんなことができるようになっている。

あのママは、あんなこともやってあげている。

 
もっと私が「楽しく」がんばってやってあげれば・・・

もっとちゃんと子どもを伸ばせる環境を作ってあげれば・・・

もっとちゃんと毎日取り組みすれば・・・

もっとちゃんと・・・・

 
 
 
あー、書くだけで疲れた!!(笑)

 
私は普段から人の子の投稿をみて、焦る事がほとんどない。

人はどうしてそんなに焦るのだろう?と考えてみた。

 
 
例えば、自分の子どもが上手に歌をうたったとします。

「わー!うちの子上手!」

 
そこで、ビヨンセの子どもの時の動画をみたとき。

 
「ちょっと!うちの子と同じくらいの年齢なのに、ビヨンセはもうこんなに上手じゃない!」

 
うちも、もうちょっと何とかしないと・・・・

 
って焦りますか?

 
たぶん、ほとんどの人は全然焦らないと思うんですよね。

 
だって、ビヨンセとうちの子じゃぁねぇ。

全然違うでしょ(笑)

 
 
そう、同じ年齢・同じ性別でも「レベルが段違いに違う」と割り切っていれば、「焦り」なんてでないわけです。

 
 
じゃぁ、なんでSNSの他の子の投稿をみて焦るのか。

 
 
それは、「だいたい同レベル」のはずなのに、他の子はできていて、自分の子はできてないって感じるからなのかな~と。

 
それって、ビヨンセは「レベルが全然違う」のに、お友達やSNS内の知りもしない人の子を、自分の子と「同じレベルくらい」と勝手に判断してる??

 
所詮、別の子ですからね。

「スピーキング」というスキルを一つとっても、

激人見知りか、物おじしないか

滑舌がいいのか、わるいのか

親がおしゃべりなのか、寡黙なのか

話すことより読むことが好きなのか、きらいなのか

 
それぞれの要因は全員それぞれ違うわけで、「だいたい同じレベル」という事がアリエナイ。

 
 
自分の子ができていなくても、よその子がいろいろできている事があれば「おー!すごいねー!」でいい。

よその子がうんと早くに出来るようになっていても、自分の子がようやく出来るようになれば「おー!すごいねー!」でいい。

 
だけど

でも

なのに

 
その二つの出来事の間を無駄につなげる接続詞がなければ、焦らないんじゃないかな。

 
 
 
記事が気に入ったらフォローしてね^^

 ●リサの頭の中の最新記事8件