逆面談された先生のご意見

実は、会員さんの中に、何人か「先生」してる人・経験ある人多いんですよね。

幼稚園・小学校・中学校の先生もそれぞれいるし、現役の人もいれば、育休中の人も、退職した人もいる。

まさかの「英語」の先生だった人もいれば、全然違う教科の先生もいるし、なんとびっくり!大学の教授もいる。

英会話教室で働いてた人もいるし、塾の講師してた人もいる。

今までたくさんの保護者に面談してきた立場の(元)先生の会員さんたち。

なのに、私みたいな素人が、そんな先生方に逆面談するとか!!

緊張~!!!

え???

ごめん、私、全く緊張しないわ!!!(笑)

しかも、「個人面談するからな!!全員、課題として資料まとめて事前に送ってこい!!」とか、どんだけ上から目線な私ww

まー、もういいんです。 ごく近い人や会員ページ内では私の性格ばれてるんで、地のままいってます(笑)

だから、私のスタイルや雰囲気がキライ人はたぶんSG合わないので、それも会員制にしてる理由の一つです。

さ、今回は、<先生の回答限定>でアンケート結果紹介&私からの返信いってみよー!

====

Q、個人面談の感想、なんでもどうぞ~!

====

緊張しました(笑)

SGが大事にしようとしていることは、子育てや教育をする上でとっても当たり前なことなのだけど、「英語」っていうツールを通すことで忘れられがちなポイントを的確に見据えていて、そのフォローのために懇談までしちゃって、すごいなあって思いました。

実は学校教育でも、ほんとは踏み込みたいけど、そこまでは踏み込みにくい部分だったりするので、ちょっと羨ましさも感じたり。

はっきり言えるっていいな(笑)

そうか、そりゃ学校教育では難しいよね。

そこが羨ましがられるポイントとは盲点だったな。

そして、先生なのに緊張してどうする!
いや、逆に「先生」を緊張させられて嬉しいわ~。

あー楽し(笑)

====

個人面談をしていただいて、変化しかない!と思うくらいの変化がありました。

SG入会前、おうち英語に1年半ほど取り組んではいたものの、娘の反応は薄く、全く手応えがありませんでした。

根本的な修正が必要だと肌では感じていたものの、自分一人ではさっぱり何が悪いかわからない。

入会後の面談では、おうち英語の取り組み方、子供との接し方など、我が家の状況に合わせたきめ細かいアドバイスをしていただきました。

今までは色々な方のブログに翻弄されていましたが、面談後は我が家が今するべきこと、今後の見通しが明確になり、情報に翻弄されなくなったのが一番良かったように思います。

これをやったら一般的には近道!!的なアドバイスが多いのかな、と思っていたので、はじめに面談していただいたときは、あまりにリサさんとばや館長が親身になって私の状況やら持っている教材やらを子供の到達度合いやらを踏まえて細やかに相談にのってくださるのにとても驚きました。

ダメなことははっきりダメ、と言ってくださることにもとても愛情を感じました。

おうち英語ってほんと、子育ての中にあるんだなってつくづく思えたこと、自分のおうち英語の中での立ち位置を気づけたことが面談を受けて良かったことだと思います。

掲載するのに、かなりはしょっちゃったけど、原文では長文の回答ありがとう!

しかも、「先生」とはちょっと違うけど、まぁ、「先生」って呼ばれる仕事だからえっか!(笑)

SG入会時、どうしたらいいのかわからないと困り果ててたYちゃんの最近の変化ぶりに、実は私、相当感動してます。

でも、それもこれも、本当に素直にアドバイスを聞いて取り組んでくれるからこそ。

「おうち英語は子育ての中にある」っていう、SGが一番大事にしてることをしっかり理解してくれてありがとう!

====

面談をしてもらえるなんて、とても驚いた。

何年も取り組んでいる人が優先とおもいきや、誰にでも平等にやる気があれば面接してもらえるということに感激した。

私は今まで800人ほど年に3~5回面談してきた側だが、短時間で私たちのことを理解し、共感してもらえることがすごくうれしかった。

面談する側は楽しいこともあるけれど、的確なアドバイスを出すためにも神経を使うだろうし、相手の性格や考え方を理解した上での面談だから、リサちゃんばやちゃんはすごいなぁと思った。

娘が心のよりどころとして、英語だけでなく、SGにかかわっている人たちとこれからもつながってほしいと願える面談だった。

ひえぇー、800人!!でも、そんな百戦錬磨なRちゃんにそんな風に言ってもらえて、本当に光栄です!!

「みんなに平等に・どんな人にも寛大に」は、ばやちゃんや私がお世話になってきたおうち英語の先輩方から継ぐべき意思だと思ってるから、そこは絶対貫くよ~。

そうね、的確なアドバイスを渡すのは当たり前のことで、それを、いかにわかりやすく、いかにそれぞれの人に一番響く伝え方でっていうところに気を使ってるかな??

うまくできてるかどうかはわからないけど、できる限りそうできるように私も努力しまーす!!

====

たった3人のアンケート回答なのに、長文記事になってしまった・・・

ここまで読んでくださった方、本当にありがとうございます^^

読んだ証拠に「アンケートの記事、最後まで読んだよ!」って言ってくれたら・・・・

私から盛大にハグして差し上げます!

どうしてもそれを遠慮したい方は、関西のイチおばちゃんとして、私がかばんの中に常備している「アメちゃん」をあげまーす!

 

フォロー&いいねしてもらえたら嬉しいな^^

 ●リサの頭の中の最新記事8件