男女の差とオンラインレッスン

もちろん、男だから、女だからっていうのだけでは分けられないんだけども、やっぱり相対的に男女の差はあると思う。

女の子って、幼稚園や学校であったことを、こと細かに教えてくれる子が多い気がする。

「○○先生が~って言ってたんだよ。」

「○○ちゃんが、~って言って、××するから、○○君が~ってやって、それで~、それで~」

先生の服装とか、友達の事とか、クラスメートのいざこざとか、どんだけ周りの細かいとこまでみてるんだ!と思うくらい、詳細を知ってて教えてくれる。

んー、うちの長女はそこまででもないですが、次女は特にこんな感じ。

一方、男の子は、こういうタイプが多い。

「今日、学校どうだった?」

「忘れた。」

「なんか先生言ってた?」

「さー?」

「○○ちゃんが揉めてるんだって?」

「知らん」

どんだけ周りに興味ないんだよ!

なので、オンラインレッスンでも、フリートークが続かない。

先生の質問に、全て「忘れた」で済ませちゃうから、親はイライラ、先生にも申し訳ないし・・・とかよく聞きます(笑)

なので、オンラインの先生を選ぶときは、英語力云々ではなくて、いかにそういう子をうまくあしらってくれるか。

そういう所の方が優先されるので、先生探しは難航するし、それができる数少ない先生に殺到するんですよね・・・・。

予約合戦が厳しい先生はほんとに厳しい。

あっという間に埋まっちゃう。

うちの長女が、たま~にとってた先生も、最近は大人気のようで、もう予約するのがほぼ無理!

予約スケジュールを思い立った時にしか見ない私のせいなんですが、見た時にはすべての枠が予約済みになっていて、全く空いてない。

でも、まぁ、うちの長女の場合は、もちろんその先生がいいけれど、そうじゃなくても大丈夫なので、特にガツガツ予約スケジュールが公表されるのを見張ってません。

その先生じゃないと!っていう子たちに枠を渡した方がいいかな??とも思うし。

だから、予約しなくてもコンスタントに同じ先生に同じ時間に受けられる「担任制」があるオンラインレッスンの会社がすごくありがたい。

オンラインレッスン一つとっても、子どもと先生の相性もあるけれど、親の性格に合わせるっていうのも大事だわ・・・・。

そういえば、うちの長男は、全てを「忘れた」で済ませてしまうタイプとはちょっと違うけれど、オンラインレッスンは厳しいので、はなっからあてにしてません。

長女が体調を崩してできないときなどにピンチヒッターでやるくらいなので、半年に1回くらいかな~?

そこにアウトプットの場所を求めているわけではないし、いろいろな面を考えてオンラインレッスンは長女優先なので、長男のオンラインレッスンはいらないかな。

といっても、長女のオンラインもほんと毎日1コマのみをボチボチですが、「細く長く続ける」。

もう、これだけですね。

んーー、やっぱり「男女の差」というよりも、「個人の差」か・・^^;

NO IMAGE
フォロー&いいねしてもらえたら嬉しいな^^

 ●リサの頭の中の最新記事8件