私の、一生、相容れない人。

 
こんなブログ記事を書かれた。

【ばやブロ】一生、相容れない人。
 
リサ
リサ

こんにちは~。
「#おうち英語ならSG」のリサです^^
 
ばやちゃん曰く、私達は

 
ウソ偽りなく、仲良しでないと思う(笑)
 
らしい。

 
 
んーーー。

 
 
うん。

それは、正しい(笑)

 
 
ほんと、ばやちゃんとは、趣味・意見・考え方はことごとく違うし、常に平行線で交わる事がない。

 
 
よくばやちゃんとSGを共同経営していると思われるのですが・・・

 
 
一緒に経営なんて、絶対ムリです!!!!

 
そんな事したら、私、ノイローゼになると思う(笑)

 
 
まず、化石のように超ド級のアナログで、とにかく話にならない。

 
先日、グーグルカレンダーを共有してシフトを出してもらおうと試みたら

 
ばやちゃん
ばや

なにぃこれぇ~!?!?
もう、むかつく~!!!
全くわからんしぃいいいい!!
 
と逆ギレされる。

 
たまらん・・・

 
少しでもデジタルな話になると「はい、わっけわかめぇ!」と言うので、話をする気にならない。

 
 
そして、彼女はなかなかなどんぶり勘定で、整理ができないオンナ、色々な面でオーガナイズされていない人なんですよ。

 
ザツというか…

 
 
とてもザツというか…

 
 
 
ものすごーくザツというか…。

 
 
「本棚の上は何も置かずに仕事あがってくれ」と頼んでも

 
「部屋のすみに私物を置かないでくれ」と頼んでも

 
ばやちゃん
ばや

そんなん、むりやしぃいいいい!!
 
と逆ギレされる。

 
 
たまらん・・・

 
 
よりやりやすそう、効率よさそうな方法を提案しても「なんでよぉ〜!!もうええねんて、これでぇ〜!」と言うので、理解できない。

 
 
絶対一緒に住みたくない(笑)

 
 
 
そんな私たちですが、コンサルだけは息がピッタリすぎて、逆に気持ち悪い。

 
基本、事前資料だけ各自見て、打ち合わせはゼロ。

 
でも、お互いが何を考えているのか手に取るようにわかるし

お互いが何を分担して言うべきか話さなくてもわかる。

 
 
私はバッサリ言うべき事は言います。

でも、それは、横で包んでくれる人がいるとわかっているから。

 
 
それに

「うんうん、わかるよ~」

って私が言っても、なんかダメなんですよね。

 
共感力が低すぎて。

 
 
SGのコンサルは、英語の話だけじゃなくて、人生の苦楽なども含めていろいろ話をする事も多く。

 
 
嬉しい話には、うるさいほど大声をあげて喜び

 
面白い話には、吉本バリに床に笑い転げ

 
悲しい話には、コンサルの相手以上に号泣し

 
愚痴話には、「うちもほんと大変なんよ~!!」と共感できるネタの宝庫。

 
 
そんなばやちゃんだからこそ、みんなが無条件に「ただ、話をしたい」「ばやちゃんに話を聞いてほしい」と思えるんだと思う。

 
 
私ではダメなんですよね。

 
その、いるだけでみんながホッと安心し、笑顔になれる存在の人ってなかなかいないと思う。

 
だから、すごいなと心底思う。

 
 
 
でもやっぱり、もうちょっと整理整頓しようよ。

でもやっぱり、もうちょっとデジタル強くなろうよ。

 
 
そんなこんなで、めちゃくちゃ尊敬しているけれど、決して仲良くはなく、一生相容れない人です。

 
記事が気に入ったらフォローしてね^^