メキシコ人のダンナが苦手な言葉

我が家の共通言語は英語ですが、メキシコ人のダンナの母国語はスペイン語。

あ、たまーに「メキシコってメキシコ語ですか!?」って聞かれるんですが、違います・・・。

「メキシコ語」というものはなく、長くスペインに征服されていたので「スペイン語」が公用語です。

(ただし、主に原住民たちが使うたくさんの言語が存在しています。)

で、日本人が英語を話すときって、みんな同じようなカタカナ英語になりますよね。

「アイ ハブ ア ペン アンド パイナッップル」みたいな。

(そう思ったら、「パイナッポー」を浸透させたピコ太郎はすごいな・・・ww)

それと同じように、英語話者が日本語話すときも、みんな同じようなアクセントで

「アゥイトォ~ ゴッイマァ~ス」な感じになりますよね。

その人の母国語にない音というのは必然的に発音するのが難しい。

日本人が「R」と「L」の区別がつけられないのと一緒で、スペイン語話者であるうちの旦那にも苦手な音が存在します。

それは、「ツ」と「ズ」。

すんごい頑張って頑張ってマネすると、「ッツ!!!」とは言える。

 頑張りすぎて、ツバが飛びそうになってますけど。

同じように、すんごいがんばって「ッズッ!!!」とも言える。

 辛うじて「ス」と違う?くらいな音ですけど。

で、頑張って単音はだせても、この二つは無理。

1、「続き」

「ちゅすき・・・・・ちゅっず!き・・・すっずき・・・・・

はあああ、どうしてこんなに難しい言葉があるんだい・・・」

2、「スズメバチ」

「すっすぅ!めばっち・・・・・・・・・すっすめ~!ばっち・・・・すっす!すっすぅすぅっす!!!

・・・・・・はあああ、もう僕には無理だ・・・・・・・」

その様ですね(笑)

ま、スズメバチなんて、日常会話に出没確立2%くらいなんで、言えなくてもいっか!(笑)

でも、「続き」はたぶん出没確率42%くらいあるから、特訓せー!!

NO IMAGE
記事が気に入ったらフォローしてね^^

 ●外人ダンナの最新記事8件