理由1、「ハーフ」といってもねぇ・・・・

こちらの記事の続きです。
「国際結婚・親が英語話せるからでしょ」は違うんだけどな~


「国際結婚・親が英語を話せる」≠「子どもが勝手に英語を話せるようになる」ではない。



理由その1:「ハーフ」と言っても、いろんなハーフがいる。



そう、いろいろなハーフがいるって事は、アタマではわかってる。


でも、なんとなく、日本人が想像する、「いわゆるハーフ」って、白人ミックスのような気がするんですよね。


そして、なんとなく、英語が話せそうな雰囲気を持っているハーフを想像していると思う。



実際、「ザ・ハーフ」みたいなイメージの子が、バリバリの関西弁で「私、英語なんか、全くしゃべれへんねーん!」って言ってたら、「え!?」って思いません?


少しでも「え?英語しゃべれないんだ?」と思った人は、その驚いてる時点で、すでに「ハーフ(っぽい見た目の子)=英語が話せるだろう」って思ってたわけです。




でも、いろんなハーフがいますよね。


日本人×韓国人でもハーフだし。

ドイツ人×インド人でもハーフだし。


うちみたいに、メキシコ人(スペイン語が母語)×日本人(日本語が母語)でも、子どもたちは、れっきとしたハーフなわけで。


うちは、たまたま二人ともアメリカで生活していて、アメリカで出会ったので、お互いの会話は英語というだけ。


でも、普通、日×墨のカップルは、日本語かスペイン語を話すはずだし、実際、日×墨の友達夫婦も、普段全てスペイン語で話してます。


先ほどあげた、日×韓なら、日本語か韓国語。

ドイツ×インドなら、ドイツ語かヒンディー語って考えるのが普通。


あと、住んでいる国にもよりますしね。


英語の「え」の字もない国際結婚家庭も多い。


ハーフだったら、なんとなく自然と「英語」に親しんでそう、というイメージはどこから来るのだろうか・・・・???



結論 : 英語に全く触れないハーフもいる → ハーフだから勝手に英語を話せるようになるわけではない。



NO IMAGE
記事が気に入ったらフォローしてね^^

 ●外人ダンナの最新記事8件