読みがなかなか成長しない

あっという間に来日8年になるうちのダンナ。



「モシモシ、キョウ、ナンジ、クルカ?」
 ↑
上司に迎えに来ていただいている状況



出川イングリッシュならぬ、アントニオジャパニーズで生き抜いております。



私よりも母性本能が強く、マメで、家事全般全てオッケーなダンナ。


ディナーの買い出しショッピングも、時間があるときは、自らチャリンコでエクササイズがてら行ってくれます。



先日、私が仕事から帰宅すると・・・・


キッチンでディナーを作るダンナが、鼻息あらく、意気揚々と冷蔵庫をあけ、緑の物体を見せてきた。



「リサ!

今日はいいのを見つけたよ!!


日本のはいつも小さいのに!!


今日のはデカいぞぉ~!!!」




なにこれ。
2019_06_11_blog (2)




「リサ!



もう、ぼくは漢字も読めるみたいだ!!



これは・・・・・・



【キュウリ】だろ!?


間違いなく!!!!!」





え、これがキュウリ・・・?







2019_06_11_blog (1)




白うりやん(笑)



てっきり【白(きゅ)うり】だと思ったダンナ。



漢字のハードルは、お勉強ゼロのメキシカンには、エベレストのように高い。



NO IMAGE
記事が気に入ったらフォローしてね^^

 ●外人ダンナの最新記事8件