成功のコツ⑥-大人の先入観-

動画・本選びにおける大人の先入観

おうち英語をはじめるとき、お子さんの年齢があがればあがるほど、お子さんの英語レベルに合っていて、好きになってくれそうな動画や本を探すことが難しいとよく言われている気がします。

とくにお子さんが日本語では流行りのものにどっぷりはまっている場合、また知的好奇心を満たしてくれるものでしか満足しなくなっている場合、レベルに合っていて観てくれそうな動画がないと悩まれる方が多いと思います。

しかし、日本語で喜んでみているものに英語をあてはめて考える必要はないと思います。一度「幼児が見るものは好まないだろう」という先入観を捨てて、その子が好きになる取り入れ方を考えてみられるといいと思います。

たとえば、日本のテレビにどっぷりハマっている年長さんのお子さんをもつお母さんに、「レベルに合っている動画だと幼稚すぎてみてくれないと思いますが、どうしたらいいですか」と相談を受けたことがありました。

しかしその子が通う幼稚園の英語の時間に、Super Simple Songsの歌を使っていて、大喜びで歌って踊っているのをみました。きっと英語教室なんかでもそのような歌などをみんなで楽しく歌って踊っていたりすると思います。
ただみせっぱなしの状態だと拒否するものでも、お友達や親子で歌ってみたり、動きを真似てみたり、生活の中や遊びの中に取り入れてみたり、お子さんが喜ぶ方法をみつけることで、好きになってくれることもあると思います。

また小さい子向けのものを、はじめは「赤ちゃんが観るやつはいやだ」と言っていた子が、ママや弟・妹が観ていることにして楽しそうに観ていたら、だんだんと一緒に観たがるようになったということもありました。

「◯◯は嫌がるから」で終わらせず、ぜひ色々と試してもらいたいと思います。

動画、絵本、かけながし、遊びすべてにおいてお子さんの言動からヒントを拾って、ひとりひとりにあった環境、取り入れ方を考えてみてくださいね。
おうち英語、成功のコツ
記事が気に入ったらフォローしてね^^